HSP 適職 診断

HSPの特徴を生かした適職診断や、治療・改善方法について

HSP 適職 診断

 

HSP(敏感)は、指定された病気・病名ではありません。

 

HSPは「生まれながらにして敏感過ぎる体質、・気感の強い体質」なので、治療がありません。

 

しかし、生まれながらに体得しているHSPという特徴を生かせずに、心身に様々な異常をきたしている人には、それ相応の病気の診断と治療を行うことになるでしょう。

 

HSPは病気ではありません。

 

しかし、HSPという体質が原因で、

 

  • 統合失調症
  • うつ病
  • 電磁波過敏症
  • アスペルガー症候群
  • パーソナリティ障害
  • ピーターパン症候群
  • 強迫性障害

 

などの病気を引き起こすこともあります。

 

 

その場合、HSPの治療ではなく、それらの病気の治療やカウンセリングとなります。
実際にHSPは、統合失調症や発達障害、うつ病、強迫性障害などと間違えられやすいことがあります。

 

 

生きづらいHSPの仕事・適職について

 

HSP 敏感は、病気ではありませんが、HSPの体質が原因で様々な精神障害を引き起こす可能性はあります。

 

もしかすると、既に何らかの精神病をきたしてしまっている可能性もあるでしょう。

 

それらの精神病引き起こしてしまう前に、
HSPの体質が引き起こす様々な問題に対して、改善・対処・カウンセリングが必要です。

 

 

HSPが一番問題となる仕事と人間関係について

 

HSPは特殊な体質のため、自らの性質を理解せずにHSP以外の人達と一緒に仕事をすることは非常に困難を伴うことがあるでしょう。

 

  • 上司・先輩・後輩など職場の人からの些細な言葉や態度で傷つくことが多い
  • 人の気持ちが分かったり、感じることができるので、他人に左右されたり、振り回されやすい
  • 他人の機嫌の良し悪しに一喜一憂して、気を消耗し、気疲れする
  • 自分の才能や感性が発揮できない仕事は辛い、間違っているような気がする
  • 他人の悪い気・邪気を受け取ってしまい、グッタリ疲れたり、体調がすぐれないことがある
  • 周囲の人より、プレッシャーを感じる
  • みんなが気にならないような些細なことが気になったり、嫌であったりする

 

体質を活かせないHSPは、生きづらさを感じるので、仕事がうまくいかない、仕事が長続きしない、転職を繰り返す傾向にあります。

 

HSPの改善・対応・適職診断


「人間関係がうまくいかない…」
「仕事が長続きしない…」
「自分に合った適職が知りたい…」
「HSPの体質を改善したい…」
「HSPの家族や恋人との接し方が知りたい…」


HSPの様々な悩みを、一度電話で相談してみましょう。
HSPの障害を克服するには?あなたに合った適職診断、あなたに合った生き方などアドバイスします。



>>無料お試しHSP相談はこちら 電話相談占いVERNIS


2018年 利用者数は10万人を超えました。