HSP 対処法

HSPの対処法とは?

家族や友人、職場の同僚や部下、または上司・先輩といった身近な人でHSPの人がいた場合の対処法をまとめました。

 

HSPの人にはどう対応すればいいのか?HSPは精神病ではないのですが、繊細で敏感なHSPの人を傷つけたくないという人はHSPならではの対処法で接するといいでしょう。

 

 

 

HSPの対処法

 

  1. HSPは人の心が読めるので、嘘や建前は極力つかないようにする。
  2. HSPは傷つきやすいので、言葉遣いに気をつける。
  3. HSPは自分が神経質なことを知っているので「神経質だよね」などと、人格を否定しない。
  4. HSPは他人が全く気にならないようなことを気にする。この時、HSPは真剣なので馬鹿にしたりしない。
  5. HSPはビックリしやすいので、後ろから急に脅かしたりしない。
  6. HSPは物事を決めるのに思慮深く考えるため、時間がかかる。この時、露骨にイライラしたり、焦らせたりしない。
  7. HSPは他人の気を受けやすいので、機嫌が悪い時は近づかない

 

 

以上がHSPの対処法です。

 

中でも一番気をつけなければならない注意事項は、1番と2番です。
HSPはとにかく人の心が読め、相手の気持ちの変化などによく気が付くので、嘘や建前は通用しません。
一旦は嘘や建前を受け入れますが、心では傷ついています。

 

 

また、HSPはちょっとした一言に傷つきやすいので、言葉遣いには十分注意しなければなりません。

 

HSPは他の人より何倍も、ちょっとした言葉に引っ掛かり、その都度落ち込んだり、憂鬱になってしまったりしています。

 

HSPは基本心が優しいので、極力こちらも優しい言葉で接してあげましょう。

 

HSPをスピリチュアルで治すなら


人の気持ちを敏感に感じて生きづらい…
人の悪い気を受け取ってしまい疲れる…
ちょっとしたことで傷つき仕事ができない…


など、HSPの様々な症状を電話で相談してみませんか?



生まれつきの体質の問題?それとも後天的な問題?
原因を突き止めて、対処法を提示
あなたに起る様々な障害の解決方法をお話します。



利用者数10万人超えの 無料お試し相談 電話占いVERNISはこちら










関連ページ

HSPと病気
HSPと病気の関連性ですがHSPは病気ではないけれど病気になりやすい体質です。発達障害や統合失調症や適応障害の症状とHSPの特徴が似ているため誤診の恐れがあります。
HSPは改善できるのか?
敏感過ぎるHSPの体質がゆえの問題の改善方法です。HSPで生きづらい、仕事が続かない、転職したい、適職が知りたい、人間関係がうまくいかない、HSPの生き方が知りたい、そんなHSPの改善方法です。
HSP(敏感)の治療方法とは
HSP敏感の治療は何科で受診すればいいのか?薬や治療法は?様々な病気を引き起こす可能性のあるHSPにはどんな治療が必要なの?スピリチュアルで治す方法とは?