HSPとは

Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)

HSPとは「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で
訳は「高度な感覚処理感受性を持つ人」のことです。

 

高度な感覚処理感受性とは、具体的に

 

  • 敏感すぎる
  • 繊細でデリケート
  • 感受性が強すぎる
  • 人や周囲の気がよく分かる
  • 人の本音・本心が読める

 

などです。

 

HSPとは、1996年にエレイン・N・アーロン博士が考案した「人間の属性」で、
病気ではない、人が生まれながらにして持った人間の性質のことです。

 

 

HSPは、感覚データを通常より遥かに深く且つ徹底的に処理することができ、
HSPでない他の人間と比べると、神経システムにおける生物学的な差異があると言います。

 

HSPは高度な感覚処理能力を持っており、高度な共感性・洞察力を合わせ持っています。

 

 

HSPの割合はどれくらいか?

 

アーロン博士やその他の研究者によると、HSPは人間の約5分の1を占めると言います。
5分の1は、実に多い割合です。しかしこれは日本の人口の割合に対してではありません。

 

日本人は特に「細部にまで拘る」「創造性が細分化している」などの特徴があるので「細かい」という面を考慮すると、HSPの本質である繊細であるとか物事に敏感という属性に当てはまりやすいのではないかと考えられます。

 

HSPの人でも特に何も問題なく日々を過ごしている人もいれば、HSPであるがゆえに毎日を生きづらく生活している人もいます。

 

特に日本人は、自己主張や自己表現を控えるなどの傾向があるので、HSPの特性を生かした自分らしさを発揮することができず、人生を生きにくくしている人は非常に多いと考えられます。

 

HSPの改善・対応・適職診断


「人間関係がうまくいかない…」
「仕事が長続きしない…」
「自分に合った適職が知りたい…」
「HSPの体質を改善したい…」
「HSPの家族や恋人との接し方が知りたい…」


HSPの様々な悩みを、一度電話で相談してみましょう。
HSPの障害を克服するには?あなたに合った適職診断、あなたに合った生き方などアドバイスします。



>>無料お試しHSP相談はこちら 電話相談占いVERNIS


2018年 利用者数は10万人を超えました。